忍者ブログ
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんこんばんは。

arizonaです。

人気ブログランキング←クリックしてくらはい。

今日から学校に行くことになってしまいました。

いきなりテストです。

行きたくありません。

 

ってか、聞いてくださいよ!!

こっからは、B’zに興味のある人はもちろん、まったく興味のない人にも目を通してほしいんですよ。

すっげぇニュースです・・・。

言っちゃいますよ・・・。

 

 

B'zのドラムとベースが変わるんです。

 

うっきゃぁ!!

マジで?!そんなことってあり?!うわはっ!!

 

 

 

すいません。

勝手にテンション上がってしまいました。

 

詳しく言うと、B'zのレコーディングに新しいサポートメンバーが参加した、ということなんですよ。

 徳永暁人 → ショーン・ハーリー

 シェーン・ガラース → ジョシュ・フリーズ

↑こんな感じになったそうです。

残念ながら、ショーン・ハーリーの情報はありませんでした。

ですが、ジョシュ・フリーズの情報はたくさんあったので紹介します。

なんかめっちゃすごい人らしいですよ。

Josh Freese(ジョシュ・フリーズ)※通称ジョシュ。父はディズニーランド専属バンドの指揮者、母はクラシックのピアニストという音楽一家に生まれ、12歳でディズニーランドのトップ40バンドに所属、15歳でレコードデビューし、以後ヴァンダルズ(Vandals/トリビュート盤 『超歴史的複製論』 にも参加)を始めおびただしい数のバンドに在籍、一時はガンズ・アンド・ローゼスにまで籍を置いていたというツワモノ。ちなみにロサンゼルスでは毎年7月24日が 「ジョシュ・フリーズの日」 に定められているらしい。

さらに調べると、以前、土屋アンナのアルバムに参加していたらしいです。

「ジョシュ・フリーズの日」だけ信じられませんけどね(笑)

↓ジョシュ・フリーズの画像

 

有名なだけでなく、やはりテクニックも凄いです。

ドラムをやったことがない俺でもあまりの凄さに驚きました。

まして経験者ならなおさらでしょう。

 

人間の腕じゃないみたいですねぇ^^;

 

ただ、レコーディングに参加したってだけで、ライブにも参加するかどうかはまだわからないですけどね。

これからのシングルかアルバムでこのドラムテクニックを聴けるということは確実です。

 

 


 

さっき言い忘れてましたけど、今日から4日間連続テストなんです。

今日と明日が学校の実力テストで、明後日と明々後日が進研模試。

 

みなさんうすうす気づいてきたかもしれませんが、

俺って結構意志が弱い子なので、

更新はしないかもしれないけどパソコンは開いちゃうかもしれません。

 

ですからもちろん、コメントとかもチェックしちゃうわけですよ。

 

「こいつ更新しないからいいかー。」

みたいな感じでコメントをくれなかったりすると、俺、すねちゃうと思うんですよ。

 

「ってか俺(私)B'zに興味ないし。」

っていう人も、どんなことでもいいのでコメント欲しいです。

 

たとえば、「愛してます。」とかでも大歓迎です。

 

ふれあいが欲しいんです。

 

愛が欲しいんです。

 

・・・・・だんだん恥ずかしくなってきたので、そろそろ失礼します。

コメント待ってます。

 

これで来なかったらもっと恥ずかしいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

あっ!!勉強してねぇ!!

 

アカン・・・終わった・・・。

 

2d9f88bb.gif

←どんどん下がってきた・・・。

たすけてくださぁーい!

PR

待ちきれない!!

あと5日で、待ちに待った、あの、B'zの、B'zの、B'zの、

B'zのLIVE-GYMにようこそ~!!

ファンにしかわからないネタですね(笑)

   #

で、今日はそのライブDVD発売に先駆けて、映像の一部が観られるわけですよ!

ほっほっほ。

YahooとGyaOの2種類なんですが、「衝動」を観るときはGyaOの方が微妙に長いので観るならこっちがいいと思います。

ダイジェストは3分28秒、「衝動」のフルは3分27秒です。

ダイジェストでは、「ALL-OUT ATTACK」・「OCEAN」・「MONSTER」・「LOVE PHANTOM」が一部観られます。

その後に、Yahooでは「SPLASH!」、GyaOでは「RUN」が観れるので両方チェックしましょう。

(Yahoo動画)http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00102/v00726/

(GyaO)http://www.gyao.jp/music/bz/

   

【LIVE DISC】は2枚組。約120分に渡る映像の中には、ライヴで披露された全楽曲が収められている。開演前の客席の様子は全景映像で綴られ、黒い骨組みがむき出しになったステージ・セット、両サイドに長く伸びたランウェイも確認出来る。既に熱気が漲った会場は、オープニングのアニメ映像が始まった瞬間から、ステージにサポート・メンバー(増田隆宣[key]、Shane Gaalaas[Dr]、徳永暁人[B/from doa]、大田紳一郎[G/from doa]が登場した時、そして、B'zが現れた時に一気に爆発! 会場を揺るがす歓声の大きさに圧倒される人もいるはずだ。また、舞台袖から撮影したメンバーが入場する映像が見られるのも嬉しい。
ライヴ映像は、実際に会場の巨大モニターに映し出されたものとは違うアングルから撮影したものが多く収められており、オープニング・ナンバーである「ALL-OUT ATTACK」では、気迫に満ちた稲葉の表情はもちろん、滑らかなギター・プレイを披露する松本、そして増田、大田、徳永らが演奏している手元のアップからバスドラを叩くShaneの足元まで、ピンポイントのカットが差し込まれているので、ライヴの臨場感がダイレクトに伝わってくる。カメラの設置台数が多い事(東京ドーム公演は30台のカメラで撮影)で収録可能となったショットもあり、「juice」では客席から見たステージ、スタンド席からの景色、そしてメンバーから見た客席の映像が登場する等、様々なアングルから楽しむ事が出来る。観客がリズムに合わせてジャンプする様子は圧巻だ。
今回のライヴは美しいライティングも見所の1つ。ステージが真っ赤なライトで照らし出された「ピエロ」やダーク・ブルーの照明の中でじっくりと披露された「ゆるぎないものひとつ」なども、会場で見ているのと同じ感覚で見る事が出来るので、そちらも是非チェックして欲しい。
常夏な雰囲気を味わえる「恋のサマーセッション」や「MVP」は、ステージに登場したダンサーと共に踊りながら楽しむナンバー。特に「MVP」の振り付けのあるダンスは、ステージ上のメンバーの動きもしっかり見られるようになっているので、こちらも楽しみな1コマと言えよう。
ライヴ中盤で披露された松本のギター・ソロでは、ブルージーな雰囲気としっとりとしたライティングが見事にマッチしていて、オーディエンスの熱い視線が注がれているのが分かる。そこに衣装チェンジした稲葉が現れ「雨だれぶるーず」を披露する流れも、張り詰めた緊張感とアダルトな香りが相俟ったステージになっていた。
そして今回のツアーにおけるサプライズ的な演出とも言える、アリーナ後方に設置された円形のセンター・ステージでの演奏。メイン・ステージから歩いて移動するシーンは、ライヴ時には細かく見られなかったメンバーの姿はもちろん、彼らが歩いて行くルート付近のオーディエンスの歓喜に満ちた様子もしっかり確認する事が出来る。そこで披露されたアコースティック・ヴァージョンの「Happy Birthday」は会場全体を一瞬にして和やかな雰囲気にさせ、客席とメンバーの心の距離をぐっと縮めた。その後の「Brotherhood」では、イントロが鳴った瞬間から突き動かされるようにオーディエンスがステージに向かって拳を振り上げ、全景映像を通して圧倒的な存在感を放っている事も分かる。ライヴ後半の壮大なスケールで展開されるナンバーの映像美も見逃せない。まるで大海原を目の前にしているかの様な、壮大なブルーライトに包まれて披露された「OCEAN」、そして、雷鳴の様に轟く破壊力を持ったサウンドで襲い掛かった「MONSTER」。ステージにこつ然と現れた高さ13メートル、幅20メートルにも及ぶ巨大なMONSTERは圧倒的な存在感を放ち、そのパワーは映像を通しても十分伝わってくる。ステージ上に立ち上がる20本もの火柱が、会場の域を超えた空間にオーディエンスをトリップさせていく。その興奮は「衝動」に繋がり、「愛のバクダン」でMONSTERが蝶に姿を変えた事でステージに艶やかさが加わり、続く、「LOVE PHANTOM」や「SPLASH!」で展開されたステージは、メンバーが左右に駆け出してオーディエンスの声援に応え、まるで熱気のキャッチ・ボールをしているかの様だ。
アンコールは、「ギリギリchop」でオーディエンスがツアー・タオルを振り回す壮観な光景、そしてラストの「RUN」で稲葉がアリーナを1周するシーンなど、印象的なものばかり。ドームでありながらステージとの距離感をあまり感じなかったのは、オーディエンスとB'zが音楽でしっかりと繋がっている事が映像を通して確認出来たからかもしれない。様々な客席の位置から見えるステージが映し出される事で、見る側の視点がリアルに伝わり、それが新たな共感を生むような気がした。進化し続けるB'zサウンドとエンターテイメント性、そしてそれを受け止めて心から楽しむオーディエンス。最高のキャストが揃ったライヴ映像が収められた作品だ。

【DOCUMENT DISC】には、「OFF LIMITS~HOW TO MEN CREATED AMONSTER~」と題した、メンバー、ツアー制作スタッフのインタビューをベースに、“OFF LIMITS=立入禁止”の領域にカメラが踏み込んだツアー・ドキュメンタリーを収録。B'z LIVE-GYM 2006“MONSTER'S GARAGE”は、これまでのコンサート・スタッフを一新し、松本孝弘、稲葉浩志を含めてゼロから構築した“LIVE-GYM”という事が、このドキュメンタリーを通して知る事が出来る。ステージに登場した巨大MONSTERの制作風景や、ステージ・デザイナーであるマーク・フィッシャー(U2、ピンク・フロイド、ザ・ローリングストーンズなどのステージも担当)のコメントに加え、ステージ・プロデューサーやダンス・インストラクター、ライティング・スタッフなど、ツアーを支える大勢の人々の“LIVE-GYM”に対する想いに触れる事が出来る貴重な映像に仕上がっている。このドキュメンタリーを見れば、1つのものを創り上げていく事の意義、そして、そこで生まれる大きなパワーが“LIVE-GYM”の原動力になっている事を改めて実感させられるだろう。

   #

   #

ダダダダ、ダダダダダン

ヘイ!

 

たいして意味は無いんですけどね。これもファンにしかわかりませんよ(笑)

2d9f88bb.gif

 

 

↑人気ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

 

マジかよ。

ネテモサメテモ?!?!?!?!

想定外や!想定外やぁ~!

稲葉浩志様

最近バレーの記事が多いので勘違いしてるひとがいるかもですが、

俺は、稲葉浩志山本隆弘ですからね。

かっこよすぎです。ホントに42歳ですか?!

   #

いやぁ~、素晴らしいステージでしたねぇ

あれ見ないで人生過ごせませんよね。ははは。

 

え?見てない?

あの血が滾るような熱いステージを??

それは大問題です。

ですが、・・・見れるんですよ。

昨日のB'zのステージをあなたは見ることが出来るんですよ!!

a1653247jpeg←まず俺に感謝してからクリック!!

 

 

 

   #

次にB'zが出る番組は12月22日放送の「ミュージックステーション SUPER LIVE 2006」です。

何を歌うんだろう??

そこで予想。

2曲なら「SPLASH!」と「MONSTER」。

1曲なら「MONSTER」ですね。

答えは分かり次第伝えます。

2d9f88bb.gif←昨日は興奮したぁ!!っていう人はクリック

B'zが、「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2006」に出演することが決まりました。

放送は11月29日(水)19:00です。

B'zは過去にこの番組に2回出演していて、

2002年は「いつかのメリークリスマス」、2003年は「WAKE UP,RIGHT NOW」を演奏しています。

今年はなんだろうなぁ・・・

多分アルバム曲じゃないかと思っているんですが。

ALL-OUT ATTACK」かな??

2d9f88bb.gif←役に立ったらクリックしてね

ニュース!!

↓まずこれ読んで!!

    ■DVD 【B'z LIVE-GYM 2006 “MONSTER'S GARAGE”】 2006年12月20日発売決定!!

2006年7月より全国11ヶ所17公演を行なった、B'z LIVE-GYM 2006 “MONSTER'S GARAGE”
ツアーのDVD化が決定しました!全曲完全収録のライブはもちろんのこと、ツアー
ドキュメンタリーも収録!迫力の演奏とライブパフォーマンスを堪能出来るステージ映像と、
ツアーを追った記録映像を併せて楽しめる、ファン待望のライブDVDです!!

■ライブ (LIVE DISC:2枚組) 約120min
■ドキュメンタリー (DOCUMENT DISC) 約45min
「OFF LIMITS ~HOW TWO MEN CREATED A MONSTER~」
ツアーを追ったドキュメンタリー。本人インタビューも収録。

●発売日 : 2006年12月20日
●品番 : ONBD-5019~21
●価格 : ¥6,000[tax in]
●発売元 : B-VISION              』        (B'z Partyより)

いやぁー、今年ライブ行ってよかったわぁ~

こんなサプライズが待ってたなんて。

とにかく楽しみだ

12月20日まで  あと47日



カウンター
プロフィール
HN:
arizona
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1989/04/20
職業:
高校生
趣味:
音楽、読書、マンガ、チャリ放浪、などごく普通の趣味
自己紹介:
本当は天才でもなんでもないただの高校生です。このブログを読んで天才になれなかったからといって俺を
責めないでください。

今日出会えたことに感謝。
最新コメント
[04/14 NONAME]
[01/30 http://m-pe.tv/u/page.php?uid=kblueheart&id=1&guid=on]
[12/01 コウゴウ]
[07/31 みゆ]
[08/24 carter]
バーコード
アクセス解析
検索エンジン
検索エンジン一括登録
忍者ブログ | [PR]
相互リンクについて
リンクはフリーです。どんどん貼っちゃってください。相互リンクの申し込みは、メールでもコメントでもどちらでもOK。大歓迎です。お気軽にどうぞ♪ でも申し訳ありませんが、長らく更新しないブログのリンクは勝手に判断して消してしまうかもしれません^^;もし更新再開して、リンクが消されていたらこっそり俺に教えてください。そのときはまた貼りますので^^
相互リンクの場合は、先にリンクを貼ってからメールorコメントしてくださいね。 メールアドレスはarizonamaaax☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。
相互リンク☆

 
c_03.gif

 
尊敬のまなざし
・セイジの微妙な家族王!!
⇒今まで生きてきた中でこんなに笑ったブログはない。ブラコン・シスコンの兄弟たちが織り成す、笑いあり・大笑いあり・ちょっぴりシリアスなホームドラマは必見!一度ハマったら抜け出せなくなる。 (セイジさん)

・ハイリスク・ノーリターン
⇒言わずと知れた高校生最強ブログ。これで俺より年下なんていうんだから、こっちの立場がない。んふっ☆困ったものです。 (ホイホイさん)

・ドミノ式
⇒これで高1!?と言いたくなるほどユニークでテンポのいいブログ。高校生ブログの次代を担うエースになる予感。 (ヤコブさん)

・ぼくのことわり
⇒こんな面白い女子高生見たことない・・・。男寄せなどの小細工は一切無しの正統派ブログ。 (タマさん)

・ポーカーフェイス
⇒高校生ブログの中核をなす人気ブログ。賑やかな文体とアグレッシブな企画諸々は読者の心をがっちり鷲掴み! (KENTさん)

・Rioの毎日カーニバル
⇒いつもムスコがお世話になっております。(←コレが言いたいだけ。読者から苦情がきたら消します)

人気ブログランキング♪
ブログ内検索
RSS
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
あわせて・・・
あわせて読みたい